• 広島湾みらいアクション(第2回)を開催しました!

    広島湾さとうみネットワークでは、本年から、より多くの人々を巻き込んだ新たな試みとして、広島湾を舞台にした新たなアクションを創り、広げ、応援する交流会「広島湾みらいアクション」を始動しました。6月1日(土)に開催された「第1回 広島湾みらいアクション」の開催報告はこちら 6月29日(土)に開催した「広島湾みらいアクション(第2回)」には、対面43名、オンライン5名の方にご参加いただき、広島湾周辺で活動されているゲストの活動内容をお聞きしたあと、参加者全員によるワールドカフェで、今後やってみたいことなどの具体的なアクションについて話し合いました。 今後も「広島湾みらいアクション」を継続して開催し、今回出されたアイデアを具体化していく予定です。広島湾さとうみネットワークでは、引き続き地域課題解決や持続可能な社会づくりに向けて活動を進めていきます。【資料ダウンロード:広島湾みらいアクションについて】 今後の予定:第3回広島湾みらいアクションは、7月20日(土)13:00より、イノベーション・ハブ・ひろしまCampsで開催します!(ゲストは決まり次第お知らせします)お申し込みはこちらからお願いします!https://forms.gle/EnV3x6s8um7ZdRsv5  イベント内容:広島湾みらいアクション(第2回)第1部:さとうみアクションピッチ①生原商店 代表/土のナビゲーター/瀬織販売責任者 生原 誠之 様 里山の地域資源「瀬織」、「せとうちコンポスト」についてご紹介いただくとともに、里山の資材を活用した「げんき玉(アマモ苗)」を使った海の畑づくり(アマモ場の再生)プロジェクト構想について話題提供いただきました。【資料ダウンロード:里山・里川・里海の「幸」で繋がるげんき玉プロジェクト】 ②一般社団法人フウド 代表理事 後藤 峻 様 一般社団法人フウドが取り組んでいる、江田島市を拠点とした海洋教育・環境保全事業(ビーチクリーン、海ゴミ回収プロジェクト、里山学習プログラム等)についてご紹介いただくとともに、今後の展開(アマモ再生事業、未来の海ゴミプロトタイプ開発等)について話題提供いただきました。【資料ダウンロード:えたじま未来の海づくり大作戦】 第2部:さとうみワールドカフェ 参加者全員がワールドカフェ形式で自由に意見交換を行い、以下のようなアイデアが出されました。[caption id="attachment_575" align="alignnone" width="300"] [/caption] ①経済的な持続可能性の確保・ボランティア活動だけでなく、収益を上げる方法を模索する。・団体内で明確な目標を設定し、活動の方向性を一致させる。 ②エコツーリズムの推進・山や海での体験型イベントを企画し、参加者に自然環境の重要性を体感してもらう。・広島の自然や文化を活かしたエコツーリズムやアドベンチャーツーリズムを推進する。・ツーリズムを通じて地域の魅力を発信し、持続可能な観光を推進する。 ③PR方法の改善・SNSやその他のプラットフォームを活用して、活動を広く知らせる。・アンバサダー制度の導入や、インバウンド観光客を巻き込む取り組みを検討する。 ④若者の参加促進・大学生や高校生の参加を促進し、若い世代の関心を引くイベントを開催する。・学校や大学との連携を強化し、教育機関との共同プロジェクトを実施する。 ⑤名刺交換の効率化・イベント受付時に名刺を預け、コピーを配布するシステムの導入を検討する。 ⑥海ゴミ調査方法の改善・現在の調査方法では、ゴミの量が潮の満ち引きや風の影響、清掃活動の実施状況などによって異なるため、定点観測だけでは正確なデータが得られないことがある。・衛星データを使って、特定の地域や期間におけるゴミの分布や変動を詳細にモニタリングする。・衛星画像を解析し、ゴミの種類や発生源を特定することで、効果的な対策を講じる。 ⑦情報交換と課題解決・課題を洗いざらい出し、その関係性を明確にする。・地域の情報交換の場を増やし、課題をデータ化して新たな視点から課題解決策を見つける場を設ける。・団体内で目指すべき目標を明確にし、全員が共通の認識を持つ。 ⑧産官学連携の強化・産業界、官公庁、学術機関との連携を強化し、共同プロジェクトを推進する。・各分野の専門知識を活用して、包括的なアプローチで課題に取り組む。 第3部:交流会 より深い交流を目指して懇親会が行われ、参加者による活動紹介ピッチや、参加者同士のネットワークを広げる機会となりました。

    [続きを読む]

  • 広島湾みらいアクション(第1回)を開催しました!

     広島湾さとうみネットワークでは、本年から、より多くの人々を巻き込んだ新たな試みとして、広島湾を舞台にした新たなアクションを創り、広げ、応援する交流会「広島湾みらいアクション」を始動しました。6月1日(土)に開催された「第1回 広島湾みらいアクション」には、31名の方にご参加いただきました。 今後も「広島湾みらいアクション」を継続して開催し、今回出されたアイデアを具体化していく予定です。広島湾さとうみネットワークの取り組みとして、地域課題解決や持続可能な社会づくりに向けて活動を進めていきます。【資料ダウンロード:広島湾みらいアクションについて】  イベント内容 (さらに…)

    [続きを読む]

  • 広島湾さとうみネットワークへの企業参加(広島ガス様)

    広島ガス様は広島湾さとうみネットワークに参画しており、海の保全活動への参加を通して、生物多様性保全に貢献しています。広島湾さとうみネットワークの「干潟再生プロジェクト」に参加し、八幡川河口部等においてアサリ養殖場整備を行っている様子が「広島ガスCSR報告書」に掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

    [続きを読む]

  • 日本沿岸域学会で発表

    日本沿岸域学会in新潟で、白砂青松の浜づくりプロジェクト(泥干潟改善プロジェクト)の構想、第一回施工終了と環境学習について発表しました。多いに反響ありでした。発表資料と要旨をアップしておきます。

    [続きを読む]

  • 干潟の施工始まる

    白砂青松の浜づくりプロジェクト 活動報告:安芸津風早干潟の施工が始まりました。砕いて熱風乾燥したカキ殻を重機で混ぜ混んでます。  

    [続きを読む]

  • 長浜海岸清掃報告

    晴天に恵まれ大勢の参加により長浜海岸の清掃を25日午後2時から約1時間行いました。参加者は、周防大島高校環境コースの生徒16名を始め、地域の方々、民泊で当地を訪れている和木町の中学生4名、広島からも1名の参加など総勢約40名が汗を流しました。また、山口新聞、周防大島チャンネルの取材もありました。ごみは、相変わらず発泡スチロール、カキパイプ、ペットボトルなど45Lゴミ袋を33袋使用。駐車場利用は「アロハオレンジ」に協力頂きました。

    [続きを読む]

  • 【広島湾の水中散歩】24.コノハミドリガイのお話

    こんにちは! うみうし大好きダイバーのみゆきさんです。1月中旬から春にかけて、広島湾はウミウシの宝庫になります。マクロ派ダイバーたちが一番活き活きとする時期です。寒さを撥(は)ねのけウミウシ探しに夢中になります。 *マクロ派ダイバー・・・海に生息する小さい生物にロマンを感じて追い求めているダイバーこの時期に多種多様のウミウシが観察できる理由の一つが、冬場に海藻が生い茂ることです。藻を餌とするミドリガイ系のウミウシは一年を通して観察できますが、冬から春が本番。あちこちの藻に張りついて、せっせと食事している姿をみることができます。

    [続きを読む]

  • 【広島湾の水中散歩】23.アイナメのお話

    広島湾☆うみうしくらぶ
    こんにちは! うみうし大好きダイバーのみゆきです。今日も元気に広島湾を潜っています。この時期、「真冬なのに潜るんですか?」とよく聞かれますが・・・答えは「YES!」極寒のこの時期ならではのウミウシや魚、風景に出会うことができるので、雨が降ろうが雪が降ろうが、海のコンディションさえよければ潜ります。

    [続きを読む]

  • 海の環境と私達の暮らし意見交換会

    屋代島さとうみネットワーク
    1時間の予定でしたが、参加者の皆様(14名)から活発な意見、質問があって約20分超過しました。発泡スチロールの減容化に取り組んでいる大島商船高専の先生の発表、プラスチックを紙で代用できる製品は思った以上にある事を製紙会社の研究員から説明があった。

    [続きを読む]

  • (開催報告を掲載しました!)第16回海の再生全国会議in広島 次世代へつなげる恵み豊かな海~瀬戸内海の再生と創出~

    広島湾さとうみネットワーク事務局
    令和4年3月15日に開催された「海の再生全国会議in広島」の開催報告をホームページに掲載しました。当日回答できなかったQ&Aも掲載しておりますので、ぜひご覧下さい。(当日の発表資料は4月下旬までの限定公開となります)

    [続きを読む]

  • 海岸ごみ清掃&みかん狩り・ミニコンサートを開催しました! 令和2年12月6日(日)

    広島湾さとうみネットワーク事務局
    広島ベイネット(一般社団法人広島湾地域資源ネットワーク)さんとコラボして、早朝から江田島市のヒューマンビーチ長瀬(長瀬海岸)の海岸清掃を行いました。一見綺麗に見える海岸ですが、1時間程の作業でポリ袋20個分のゴミを回収しました。

    [続きを読む]

  • 【YouTubeチャンネルを開設しました】 令和2年11月18日

    広島湾さとうみネットワーク事務局
    広島湾さとうみネットワークの公式YouTubeチャンネルを開設しました!広島湾の海の幸(チヌ)を使ったレシピの紹介や広島湾の海中映像、各プロジェクトの活動などを紹介していきますので、ぜひチャンネル登録をお願い致します!

    [続きを読む]

  • ごみゼロの日を前に海岸清掃

    屋代島さとうみネットワーク
    真宮島で清掃活動を地元民、近隣市町から合計10名により行いました。最近、道の駅スタッフによる清掃実施済であるため、ごみはそれ程でもありませんでした。

    [続きを読む]

  • シマクル(サイクリング)前の内入海岸清掃

    屋代島さとうみネットワーク
    今日は内入の海岸掃除。雨でしたがシマクルを前に今日しかない事もあり決行しました。今回は周防大島高校環境コースの生徒さんも参加頂き、総勢12名で1時間実施。アイキャンの取材もありました。

    [続きを読む]

  • 春の海岸清掃(長浜海岸)

    屋代島さとうみネットワーク
    周防大島町、長浜海岸の海岸清掃を3月21日10時半から約1時間実施、プラゴミ20袋、金属、ビン、カキパイプ、発泡スチロールなど8袋を回収(45L/袋)。参加者13名。町長他役場職員の参加もあり行政の理解も進んでいる事を実感。

    [続きを読む]

  • 真宮島清掃

    屋代島さとうみネットワーク
    北風の強い10月17日午後2時から約1時間真宮島(道の駅サザンセトとうわ付近)海浜清掃を行いました。波打ち際には木切れ、プラ製品がびっり漂着している状態。プラ製品を拾い、木切れは一か所に集め後日現地で焼却予定。

    [続きを読む]

  • 周防大島を美化ピカに島ショウ

    屋代島さとうみネットワーク
    秋の穏やかな天候に恵まれた10月10日、立岩海岸において先日来の台風で漂着したプラゴミの回収を行いました。今回は木切れも沢山ある中を、それには見向きもせずに無数にあるペットボトル、発泡スチロールの破片、カキパイプ、中にはボウリングのボールまで。

    [続きを読む]

  • こども海洋環境教室

    屋代島さとうみネットワーク
    秋晴れの三連休最終日。なぎさ水族館の飼育学芸員を講師に、こども海洋環境教室を開催。広島市、周南市、岩国市から4組9名の小学生が参加。

    [続きを読む]

  • 海辺でひろったもので工作しよう

    屋代島さとうみネットワーク
    台風の影響が心配されましたが、先日来の大雨の影響で海岸にも漂着物が沢山ありました。そんな中を夏休み中の子供達が沢山参加してくれて、プラゴミを拾い集めました。

    [続きを読む]

  • 白鳥ケ浜(周防大島町)海岸清掃

    屋代島さとうみネットワーク
    7月28日、夕方でしたがまだ日が高い最中を15人ばかりで、広島湾に面した浜辺の掃除を行いました。女子中学生3名の参加もあって、元気づけられました。

    [続きを読む]

  • B&G拾い箱in周防大島お披露目会

    屋代島さとうみネットワーク
    7月22日、周防大島町横見地区にあるB&G海洋センターに、当県で初の拾い箱なるものが設置され、この度お披露目会が開催され当団体の他多くの参加者があり、久々の賑わいとなりました。

    [続きを読む]

  • 親子沿岸環境学習

    屋代島さとうみネットワーク
    瀬戸内海で3番目に大きな島、屋代島(周防大島町)は昭和51年に大島大橋が架設され、かつては船で行き来していた状況から、今では船に乗る事もなく車で、船の時刻を気にすることなく「半島」生活を送っている。

    [続きを読む]

  • ごみゼロの日のゴミ拾い

    屋代島さとうみネットワーク
    5月30日道の駅サザンセトとうわ(周防大島町)近くの海岸で海岸のゴミ(プラゴミ)を約30名で1時間汗を流しました。観光客の方も飛び入りで手伝って頂きました。良すぎた天気のもと綺麗になった浜には爽やかな海風が吹いていました。

    [続きを読む]

  • プラごみバスターズ大作戦終了

    屋代島さとうみネットワーク
    ボーイスカウト日本連盟及びセブンイレブン財団による海浜清掃が周防大島町真宮島で開催され、地元支援として屋代島さとうみネットワークほかが対応し、総勢160名を超える人々により美しい砂浜がよみがえりました。

    [続きを読む]

  • こども海洋環境教室

    屋代島さとうみネットワーク
    4名の参加で内容の濃い学習となりました。参加児童も時々海に出かけているようで、指導した水族館飼育員も感心していました。生物指標によりランク付けしたところ、綺麗で豊かな海である事が分かりました。

    [続きを読む]

  • 周防大島海洋環境クルーズ

    屋代島さとうみネットワーク
    7月28日9時~正午、中国地方整備局清掃船「おんど2000」を岩国港沖で見学者12名により、大島商船高専実習船「すばる」から見学。見学海域までの航程で浮遊ゴミの状況調査を行った。

    [続きを読む]

  • にっぽん丸歓迎ビーチクリーン

    屋代島さとうみネットワーク
    雨上がりの朝、神戸からのクルーズ船にっぽん丸を歓迎する意味を込めて片添ケ浜のゴミ拾いを7名で行いました。朝8時半とは言え、汗がだらだらと流れ落ち、30分で終了しました。

    [続きを読む]

  • 前川農園さんのにんにく収穫のお手伝いを行いました。

    特定非営利活動法人瀬戸内さとうみ楽会
    5/29は、前川農園 farm front riverさんのにんにく収穫のお手伝いを行いました。姉妹で営まれている農園ですが、毎日こんな力仕事や丁寧な作業をなさっており、生産者さんのご苦労があってはじめて美味しい食を提供していただいていることを実感することができました。

    [続きを読む]

  • サイエンスキャッスル2021関西大会

    サイエンス同好会(山陽女学園)
    12月19日(日)、サイエンスキャッスル関西大会((株)リバネス主催)が開催され、サイエンス同好会は「使用済み使い捨てカイロを用いた川の水質改善」の研究についてポスター発表を行いました。

    [続きを読む]